特集

新型コロナウイルスの影響で倒産した企業 全国で140件超

Coronavirus bankruptcies top 140 in Japan

コロナウイルスによる倒産は全国で140件超に

A credit research firm has found that the coronavirus pandemic has caused 142 businesses in Japan to fail.

信用調査会社の調べで、新型コロナウイルスの影響により日本の142の企業が倒産したことが分かりました。

Teikoku Databank says 87 companies nationwide had gone bankrupt as of Wednesday.

帝国データバンクによると、水曜日現在、全国で87社が法的手続きをとって破産した。

Fifty-five others have halted business and begun procedures to file for bankruptcy.

他の55社も事業を停止し、破産を申請する手続きを開始しました。

Of the total, 53 are hotels or Japanese-style inns and 41 are pubs, restaurants, clothing stores or other retailers. There were also 20 wholesalers and 14 manufacturers.

そのうち53社はホテルや旅館で、41社はパブ、レストラン、衣料品店などの小売店である。 また、卸売業者は20社、メーカーは14社でした。

The research firm says many of the businesses that have failed were already struggling, but some restaurants and service providers that are currently closed may never reopen.

調査会社によると、経営破綻した事業の多くはすでに経営が悪化していたが、現在自粛されている一部のレストランやサービス業は再開できない可能性がある。