ニュース 特集

新型コロナウイルス抗体検査(東京)、献血で0.6%陽性

 厚労省は、日本赤十字が先月、東京と東北でそれぞれ500人分ずづ集めた献血の検体を使って、抗体検査キットの性能評価を行いました。

厚生労働省が行った新型コロナウイルスの抗体検査キットの性能評価の調査で、東京で集めた500人分の献血のうち、0.6%が陽性だったことがわかりました。ただ、厚生労働省は検査キットごとに結果のばらつきがあり、正確な評価は出来ないとしています。

 関係者によりますと、性能評価を行った複数のキットの結果を合わせると、東北では、500検体のうち最大2検体、0.4%が陽性を示したということです。一方、東京では、500検体のうち最大3検体、0.6%で陽性の結果が出たということです。

 それぞれのキットが示した結果が一致しなかったことや、比較のために行われた去年採血した献血からも2検体の陽性反応があったことなどから、厚労省はキットの性能と抗体の陽性結果について正確に評価できないとしています。

 厚生労働省は今後、疫学調査をする場合には別の方法を用いることも検討しているということです。